千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

ウィンターパス2020発表!今年は首都圏から蔵王に行けるぞ!!


皆さん、こんにちは!

いよいよ今年も冬まであと少し!冬に向けて楽しみにしていたNEXCO東の企画券。今シーズンのウインターパスが発表されました。ようやくこの季節がやってきましたね!!

 

f:id:chiba-snow:20170924223336j:plain

見た感じの印象では去年のものに消費税分が乗っかったって感じですかね。大きくは変わらない印象です。

 

今回もNEXCO東のプレスリリースから引用して紹介します。

プレスリリース 本社|プレスルーム|NEXCO 東日本

 

ウィンターパスとは何?

高速道路を管理運営するNEXCO東が毎年冬に『ウインターパス』という割引プランを行っているのを知っていますでしょうか?

『ウインターパス』とは首都圏からスキー場最寄りのインターまで行く往復料金が、特別価格で利用できるというもの。

NEXCO東のドラぷらより事前に申し込めば、2019年12月6日(金)から2020年4月6日(月)のうち、年末を除く連続する最大3日間で利用することができます。

ドラぷら | 全国高速料金・ルート検索、渋滞、サービスエリア情報

 

以前は割引率がショボいものだったんですが、ここ2年くらいは休日割よりも使いやすいお得な企画券なんです。 

www.chiba-snow.com

 

今回のウインターパスは行き先が蔵王まで!

f:id:chiba-snow:20190917225038j:plain

早速ですが、今回のウィンターパスを紹介します。


まず、今回のウインターパスで大きく変わったところは、関東からの利用エリアに蔵王プランが追加されたことです。

f:id:chiba-snow:20190918224603p:plain

蔵王のゲレンデ行きたいですよね。単一スキー場では日本一広いとか言われるあのモンスター級のゲレンデ。

関東から蔵王まで往復10600円。川口JCTからでも片道350kmある蔵王プランを利用するかどうかはあなた次第。千葉からは行きたいけど遠いよ!

 

・蔵王プラン:10,600円(今年からの新プラン) 

 

那須・塩原プランに白河ICが追加

蔵王以外は首都圏エリアからの利用はほぼ変わらずですが、東北道の那須・塩原プランに白河ICが追加されています。

f:id:chiba-snow:20190916162630p:plain

去年までは那須高原スマートICまででしたので、ハンタマとかマウントジーンズまでしか使えませんでした。今回、白河ICまで伸びたことで、去年行ったグランディ羽鳥湖などの南会津のゲレンデもエリアに入りましたね。

白河まで入ったことは個人的にうれしいです。頑張ればたかつえも行けるかも…?

 

・那須・塩原プラン:6100円(昨年比+100円)

 

首都圏エリアの発着エリアは去年からの変更はなしです。

f:id:chiba-snow:20190918213640p:plain

千葉県からのエリアも変更なし。下総ICとか大栄JCTの先ですよ。誰がこんな場所使えるんですかとツッコミたくなる気持ちも去年と変わらずです。

 

 

 磐越・東北道方面は変わらず

磐越道方面の猪苗代・磐梯プランは増税分の増加のみで全く変わらずです。

f:id:chiba-snow:20190918223233p:plain

 

・猪苗代・磐梯プラン:8700円(昨年比+200円)

 

2017-18シーズンのような磐越道の素晴らしい企画券はもう出ないのでしょうか。悲しい限りです。 

このプランを使えば会津若松までカバーされるので、喜多方までラーメン食べに行けますね(笑)

 

www.chiba-snow.com

 

 

関越方面も変化なし

昨年、沼田IC~六日町ICまで一緒のプランになり恩恵を受けた関越方面ですが、今年は変化なしです。

f:id:chiba-snow:20190918220540p:plain

去年と変わらず湯沢~六日町エリアは得、沼田は休日の練馬から出発すると損な料金設定。

あまり沼田がエリアに入っている価値ないですね。

 

・湯沢・沼田・水上プラン:6100円(昨年比+100円)

 

出発エリアは以下の通りで去年と変わらず。

f:id:chiba-snow:20190918215914p:plain

ただ、千葉県からの出発の場合、外環道を通り川口JCTから東北道経由で関越に向かう際は、このプランを利用したほうが得になります。

昨年の外環道の延伸により東北道を迂回路として利用しやすくなったため、ハイシーズンは積極的に利用したほうが良いかと思います。 

 

www.chiba-snow.com

  

上信越方面も全く変わらず

上信越方面は白馬プラン、菅平プランもエリア変わらずです。

今回も、更埴ICは白馬プラン扱いです。更埴で降りて白馬まで頑張る必要はありません。

f:id:chiba-snow:20190918221852p:plain

f:id:chiba-snow:20190918222231p:plain

長野あたりだとあまり旨みはありませんが、妙高あたりに行くなら使えるプランですね。

菅平・軽井沢プランはこの値段なら湯沢行っちゃうんで、あまり利用しないです。

 

・白馬・志賀・妙高プラン:8700円(昨年比+200円)

・菅平・軽井沢プラン:6600円(昨年比+100円)

 

今シーズンは代り映えのないプラン

f:id:chiba-snow:20190128213714j:plain


簡単にウィンターパス2020をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。正直、中身は去年と全く変わらずですね。調べるのがばかばかしいくらいです。利用者へのアンケートをしているはずなのに千葉県民への扱いは変わらないまま…。 

 

今回は湯沢と白河あたりで使いたいと思いますが、今年も千葉県民からは使いづらそうな感じです。

利用期間がゴールデンウィークまで伸びればうれしいんですが、そうもいかないですね。

 

正式発表されたらもう一度中身を吟味してみます。

それでは、冬を楽しみに待ちましょう!