千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

【大本命の磐越編】今年のNEXCO東のウインターパスは対象エリアが広がってお得!?

皆さまこんにちは!

NEXCO東の2017-2018ウインターパスの東北・磐越編です。

 

このプランでは京葉道・東関東道発の千葉県民にも優しいプランがあります。冬の時期はさみしい思いをしている千葉県民が、ようやく日の目を見る時が来ましたよ!

f:id:chiba-snow:20180112222219j:plain

ウインターパスとは何ぞやという方は前回記事からどうぞ。

www.chiba-snow.com

 

  参考HP:ウィンターパス 2017-2018 | ドラ割 | ドラぷら

 

期待大の猪苗代・磐梯プランを計算してみます!

早速計算してみましょう。磐越道の猪苗代・磐梯プランは、普通車8500円(軽自動車6800円)となっており、白馬のプランと金額が同じですね。発着エリアは以下の通りです。

f:id:chiba-snow:20180206233151p:plain

発着エリアに京葉道路や東関東道、常磐道が追加されております。千葉県民にも優しいプランです!京葉道路と東関東道が使えれば、千葉県の人はみんな利用できるんじゃないですかね?

スタートは千葉県の穴川IC、ゴールは東北最大規模のゲレンデのアルツ磐梯がある 猪苗代磐梯高原ICで考えてみます。

 

◆穴川~猪苗代磐梯高原間:

平日出発 通常料金7600円(軽6110円)⇒往復15200円(軽12220円)

休日出発 ETC休日割(30%):5580円(軽4480円)⇒往復11160円(軽8960円)

 

 これはすごいです!平日ならば6700円、休日の場合でも2660円安いです。ウインターパスの中で最大の割引差。千葉の方にとってはかなりおいしいプランですよ!!

ルートは東関東道~圏央道、常磐道、磐越道と乗り継いでいくので結構走りますが、常磐道なので渋滞は一切ナシ。その上、この割引は非常においしいです。この冬は(もうシーズンなかばだけど)猪苗代で決まりです!!

 

では、続いて、那須プランを計算します。千葉県からNEXCO東管轄内で那須まで行くには、東関東道~圏央道~常磐道~北関東道を通って東北道に入るルートですね。メンドクサイ…。このプランの場合、普通車6000円(軽自動車4800円)になっております。

f:id:chiba-snow:20180207234557p:plain

 去年マウントジーンズ那須まで行ったので、その最寄りの那須高原SAで計算してみます。 

◆穴川~那須高原SA間:

平日出発 通常料金6800円(軽5470円)⇒往復13600円(軽10940円)

休日出発 ETC休日割(30%):5030円(軽4040円)⇒往復10060円(軽8080円)

千葉県から行けば結構安いですね。平日は7600円、休日は4060円安くなります。千葉県から行けばとてもお得ですが、このルートって首都高~東北道で行くより40kmは多く走ります。往復6000円なら4人で行けば、1人当たり1500円の負担。常磐~北関東道経由でも千葉県から4時間で行けるならお得です。人数がいれば、下道で頑張っていかなくても良い気がします。

ちなみに穴川から首都高を使っていくと、京葉道+首都高で片道2000円ぐらいプラスになります。それを考えるとこのプランも利用価値は高そうです。その場合、川口JCTから那須高原SAまでがETC休日割で片道3220円(往復6440円)なので、圏央道経由でも首都高経由でも、どちらにしても申し込んだほうがお得ですね。

 

 

以上、ウインターパスのご紹介でした。

東北道・磐越方面のウインターパスはいかがでしたでしょうか。千葉県から雪山を目指す人にとって、 東北道・磐越方面は非常にお得だと思います!かなりの割引が期待できるので、おすすめです。もっと早く知っていれば、磐越方面をもっと計画したのにぃ!!

 

今週末の3連休は雪っぽいですね!オリンピックも始まることだし楽しみです。

それでは楽しいスノボライフをお過ごしくださいませ!!

 

 

 

他方面のウインターパスが気になる方は以下の記事を参考にしてください。

 ↓関越方面のウインターパスはこちら↓  

www.chiba-snow.com

 

 ↓上信越方面のウインターパスはこちら↓  

www.chiba-snow.com