千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

【ドラ割】NEXCO東の「2018信州めぐりフリーパス」の企画券がお得かもという話

皆さまこんにちは!

あっつーいですね!暑すぎです!!溶けそうです!!世間は夏休みシーズンに突入ですが、旅行など計画しておりますでしょうか?

 

こんな暑い中だからこそ、避暑に行きたいと思いまして長野県への旅行を計画しております。長野に行くのは冬だけではないんですよ!

f:id:chiba-snow:20180722184548j:plain

ながの



 

というわけで、NEXCO東のホームページを見ておりますが、今年もやっております『信州めぐりフリーパス』。

高速道路の首都圏からの往復と、長野県エリアの高速道路フリーパスがセットになったお得な企画券です。

 

信州めぐりフリーパスってなに?

 信州めぐりフリーパスは、事前にHPで申し込みをして、発着エリア内の料金所をETCを利用したうえで、乗車下車すると、高速料金が定額で利用できるプランです。

2018信州めぐりフリーパス | ドラ割 | ドラぷら

f:id:chiba-snow:20180721125228p:plain

首都圏出発だと使えるエリアはこんな感じ。冬場のウインターパスと違って、高井戸や神奈川方面などでも使用できるのがいいですね。発着エリア間の料金所を通ればいいので、首都高からの連続使用でもこのプランは使えます。私はアクアライン利用民なのでアクアライン⇒首都高⇒高井戸って感じです。

 

ちなみにウインターパスの長野方面はこんな感じでした。 夏場の信州巡りはウインターパス発着エリアが広がってNEXCO中日本エリアが通れる通れるのがうれしいです。 

www.chiba-snow.com

 

 

長野方面はだいたいいつも蓼科方面の宿泊所を使用しておりますので、これを利用すると、諏訪IC利用で、翌日に長野の善光寺まで行き、諏訪まで戻って翌日帰る感じがいいかなーと思っております。

こんな感じのプランだと果たしてオトクになるのか計算してみました。

 

さっそく計算してみた

さっそくドラぷらで調べてみました。

◆高井戸~諏訪間:

平日片道 ETC通常料金4190円

休日片道 ETC休日割(30%):3090円

出発は金曜の夜にして、帰りを日曜にしたいので3日間の利用で考えていきます。3日利用だと普通車9500円ですね!

それに対して、高井戸~諏訪間の往復は7280円。往復のみだと2220円の赤字になります。まぁ周遊きっぷが付いてこの値段なのでこんなもんですかね。

 

ここに諏訪から長野までの往復を追加します。

◆諏訪~長野間:

休日片道 ETC休日割(30%):1820円

往復にすると3640円のため、高井戸からの往復+諏訪~長野往復で10920円になります。信州めぐりフリーパスを利用すれば1420円の得です。

ただ、諏訪から長野間で90km以上離れているんですね。高速使っても1時間以上かぁ。

 

ちなみに諏訪から松本までにすると、休日片道780円です。往復1560円で、高井戸~諏訪の往復と合わせると、8840円。松本までしか行かないなら損になります。

 

結論:そこまで安くないかも

信州めぐりフリーパスですが、私の場合は、蓼科で宿泊するので、結構遠くまで行かないとあまり安くならないっぽいです。長野や小布施まで行こうかどうか迷うな…。

f:id:chiba-snow:20180722210250j:plain

今回のエリアでオトクそうなのは、高井戸からだと、

・長野まで行けば、ETC休日割(30%):4300円

・星空の有名な阿智村の飯田山本なら、同:4210円

・ソラテラスの竜王で雲海を観たいなら、信州中野で同:4580円

になるので、往復のみでもいい勝負になります。

 

それか、三郷や川口などのはしっこから乗れれば安く行けそうです。千葉県民でも北西部にいる人は三郷を使えるからよさそう。

にしても、外環道の千葉の延伸区間はまったく入っていないんですね。残念。

ウインターパスでは外環道の延伸区間もお願いしますよ!NEXCOさん!

 

以上、信州めぐりフリーパスの紹介でした。長野県内を駆け巡るならお得なので、秘書に行きたい方は検討してみてくださいね!

 

じゃ、暑さに負けずに頑張りましょう!

ではではー。