千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

【徹底討論】なぜスキー場のカツ丼はソースカツ丼なのか

皆さん、こんにちは!

今回はスキー場のゲレ食の話です。 スキー場に行くと大体のところのゲレ食でカツ丼があると思いますが、なんかソースカツ丼が多くないですか?


f:id:chiba-snow:20181117225233j:image

 っていうのもスキー場の写真を見返してみると、新潟でもカツ丼、福島でもカツ丼、長野でもカツ丼があり、そしてそれがすべてソースカツ丼という、摩訶不思議な事態になっていることに気づきました。

 

全く違う地域なのに一体なぜ!?所さん、大変ですよ!

 

 

カツ丼って言ったら卵とじでしょう

とまぁ、くだらない話題で始まった今回のブログ。普段、カツ丼なんて、かつやか、ゆで太郎でしか食べない私にとって、カツ丼と言えば醤油とみりん、砂糖の割り下で卵でとじた一般的なスタイルしか馴染みがありません。しかし、スキー場で食べるとかなりの確率でソースで味付けしたソースカツ丼が出てきます。

 

しかも厄介なのは、場所によっては『カツ丼』って表記してるのに、頼むとソースカツ丼なところ。いや、別に美味しく食べてるんでいいんですけど、ちょっと裏切られた感があります。

 

また、ソースカツ丼表記のメニューには、地域が違うのに両方とも『元祖!』とか名乗ってたりするんですよね。全然違う場所なのに一体何のこっちゃって話です。


ちなみに私にとってはソースカツ丼って言うと駒ヶ根のイメージです。木曽駒ヶ岳に登りに行ったときに、ガイドブックを見て、ソースカツ丼とローメンで迷った記憶があります。

 

 

ソースカツ丼の発祥はいろいろあるみたい

ソースカツ丼を調べてみるといろいろあるみたいです。ネットで各地の情報を見てみると、

・早稲田大学向かいの定食屋「ヨーロッパ軒」発祥

・早稲田高等学院の学生による考案

・ヨーロッパ軒が福井に移って流行らせた

・群馬県桐生市「志多美屋本店」にて誕生

・福島県会津若松市「若松食堂」にて誕生

・長野県駒ヶ根市「喜楽」にて誕生

 

とか、いろいろ出てきます。まぁ「おいしければどこでもいーよ」くらいにしか思わないですけど、色々なところが元祖を主張しているようです。

【参照HP】

会津の名物、ソースカツ丼。その起源とは。 - 【会津物語】

駒ヶ根ソースかつ丼とは?

 

ここで、共通するのが早稲田説以外はどこも雪国なところ。どこもスキー場があるところです。たしかにこの記事の一番上のソースカツ丼も福島の猪苗代スキー場でした。会津に近いのでその影響でしょうね。

 

他にスキー場でソースカツ丼が出てくる理由はとしては、各地の名物ってこと以外に調理が簡単だからだと思います。

調理工程を考えてみても、業務用のロースを揚げて、ソースカツ丼用のソースにくぐらせるだけ。もしもこれがカツとじ(普通のカツ丼)なら、そこから割り下で煮込んで卵でとじますから、回転率重視のスキー場の食堂ではソースカツ丼が主流ってことじゃないのかなーと思います。

 

f:id:chiba-snow:20181117234729j:image

 

スキー場のカツ丼=ソースカツ丼の理由はなんとなーく納得しましたが、新潟はソースカツ丼の起源にありませんでしたよね。

f:id:chiba-snow:20181118223702j:plain

これは新潟のカツ丼はソースカツ丼ではなく、新潟『タレカツ丼』っていう亜種みたいです。ソースベースじゃなくて醤油ベースとのこと。もう味は覚えてないのでわかりません(笑)

たぶんかぐらで撮ったであろうこの写真。タレカツ丼だと思うけどいったいどこで撮ったんでしょう??ぶなの木ではない気がします。

 

※昔の記事を見返したらぶなの木のタレカツ丼でした 

www.chiba-snow.com

 

ここでいろいろ調べてみて疑問なんですが、甲信越以外のスキー場のカツ丼ってどんなものなんでしょうか?

ソース?煮込み?それとも他のもの?私は甲信越くらいのスキー場しか知らないので、誰か知っている人いたら教えてくださいませ!