千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

CX-5リモコンキーの電池交換をしてみた。結構簡単だよ

皆さん、こんにちは!

 

さて、今回は、私が乗っている車(CX-5)のリモコンキーの電池交換のお話です。

f:id:chiba-snow:20181208210318j:plain

プッシュスタート式の車を所有するのはこの車が初めてですが、乗っているときについに「キーの電池残量が少なくなっています」といった警告が出てきてしまいました。

そこで、キーくらいならと電池交換したというみんカラちっくな話です。

 

ちなみにマツダはこのキーをアドバンストキーっていうらしいです。日産だとインテリジェントキー、トヨタなら スマートキー。なんとなくマツダの名称はカッコ悪い気がします。(そう思わない?)

 

キーの電池交換って自分でやるよね?

なぜ、、こんなことを記事にしたというのも、この車の購入時、ディーラーの兄ちゃんに「キーの電池交換はディーラーでやったほうが良いですよ」といった話をされており、

大体のことはDIYでやる性分の私としては、「キーの電池交換なんて自分でできるだろ」と思ったのとディーラーに行くのが面倒という理由で自分でやってみました。

 

実際にやってみた

とりあえず、用意しました対象のキー。

交換する電池はボタン電池の「CR2025」です。忘れずに用意してください。私はセリアで2個入り108円で買ってきました。100円ショップまじ安い。

f:id:chiba-snow:20180917112804j:plain

とりあえず分解の仕方を調べるのに、マツダのHPのCX-5のKE型の説明書をダウンロードします。

マツダCX-5電子取扱説明書

 

ちなみに、私のはKE型なんでモデルチェンジ前のCX-5です。現行のKF型の方もやり方は変わりませんが、念のため取扱説明書を確認してください。

 

次に非常時のキー部分を抜いて、隙間にマイナスドライバー等を挟みます。

f:id:chiba-snow:20180917112742j:plain

 

挟んだまま、ドライバーを右にくるりと返すと、カバーが浮き上がります。そのまま周りのカバーを少しずつ外すと簡単に分解できました。

f:id:chiba-snow:20180917112757j:plain

結構、中に誇りが詰まっていますね…。思い当たる節があります。

 

ちなみに電池型番はこちらに書かれていました。

f:id:chiba-snow:20180917112750j:plain

分解した後の電池カバーに電池の型番が書いてあっても遅いでしょ。表にもどこかに書いておいてくれればいいのにね。

 

カバーを外して電池を交換すれば終わりです。ハイ!簡単!!

f:id:chiba-snow:20180917112735j:plain

 

 

結果:ちょー簡単

なんか拍子抜けなくらい簡単でしたね。ディーラーで頼んだら500円とか言っていた気がします。ドライバーを差し込んでカバーを外すところを気を付ければ、傷つくこともないです。ルーフのフィックスポイントのプラカバーを外すほうがよっぽど大変。

 

リモコンキーって結構、電池を食うんですかね?購入時から交換していないので、約2年持った計算になります。毎日乗っているような人ならもっと短いんでしょうか?

 

余談ですが、皆さん、出先から帰ってきたときは車のキーはすぐにいつもの保管場所に戻したほうが良いです。

私は、服のポケットに突っこんだままで、洗濯機→乾燥機のコンボを3回やらかしたことがあります。だから、キー内部にあんなに誇りが溜まっていたんだね!(バカ)

 

それでも無事に使えるキーなんで丈夫なキーですね。

 

ということで、皆さんもキーの取り扱いは気を付けてくださいね!

ではでは!