千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

2017年冬スポ開催日決定!冬スポへはリフト券とスキー場PRブースを見に行こう!

今シーズンの冬スポ開催日が決定しました。

『冬スポ行ってもそんなに安くないでしょ?』とは思いつつ、やっぱりこれが始まるといよいよシーズンだー\(^o^)/って気持ちになります。なんだかんだお祭りは楽しいもんです。皆さんも冬スポって行きますか?

f:id:chiba-snow:20171022023249j:plain

出展:冬スポ

 

冬スポとは?

冬スポとは何かといいますと、上記HPには次のように書かれています

「冬スポ!!は四季を通じて「人と自然との触れ合い」で生まれる“楽しさとの出会い”を応援するClubFunが、スノー業界の底上げ、若者へのウィンタースポーツ体験へのきっかけになりたい、との理念のもとプロデュース。」

よくわからないですね。簡単に言うとスキー・スノボ用品の展示即売会&イベントです。毎年、各地でどこかの会場を貸し切って開催しています。大体シーズン入る直前までやってますね。

 

冬スポは展示即売会と言っても、ぶっちゃけ買い物に行くところではないです。買うなら神田スポーツ街に行けばいいし。でも、冬スポは目的を持っていけば結構楽しめるイベントです。そこで、私の冬スポの目的&楽しみ方を紹介します。

 

目的①:早割リフト券を狙え!

冬スポへ来る人の目的の多くはこれじゃないでしょうか?多くのスキー場では、シーズン前に早割リフト券という通常価格より安いリフト券を販売します。このリフト券は通常価格に比べ3割~4割ぐらい安く、毎年何度もゲレンデに行く人にとっては結構重宝します。

早割リフト券はwebでも買えるものが多いのですが、手数料・送料がかかる場合が多いです。冬スポの会場で販売している分は、手数料も送料もかからないのでその分お得です。また、webでは取り扱わないような会場限定の企画券なども扱っている場合があります。私の場合はこの企画券を買いに行くことが目的です。

今はアルペン系の店やコンビニでも早割が売るようになってきたので、そっちで買っても十分です。数行かない人や電車・バス利用の方は、無理に早割買わなくてもいいです。早割はくれぐれも使い切れるだけの量を買うようにしてください!

 

目的➁:スキー場PRブースを狙え!

イベント会場には各スキー場からブースを出展してまして、あの手この手でお客さんを引っ張り込もうとしています。昨今はスキー全盛期に比べれば、やる人が減りましたから、スキー場も頑張ってます。

このブースがなかなかおもしろいです。ブース毎に会場限定の特別な抽選会をやっていて、当たりが出れば一日リフト券がもらえたりします。参加には会場で何か買わなければ行けなかったりするのですが、私が去年行ったときはリフト券が2枚当たりました!また、抽選以外にも会場限定の特別なクーポンを配ってます。リフト券2割引とか1000円引とか‥。早割買わなくても、これくらいの割引券がもらえるとうれしいです。また、行ったことのないスキー場の情報は見てて楽しいです。まんまとスキー場の策略に乗せられてます(笑)

 

目的③:商品を見たいだけ見ろ!

冬スポはあまり安くないって冒頭に書きましたが、ぶっちゃけネットのが安いです。でもこれだけの規模でスノボ用品がそろうことはなかなかないので、これから買う方や、新商品が気になる方はぜひ、見たり試着したほうが良いです。専門店でなければないようなブランドも豊富にあるし、物も多いです。普段って専門店が遠すぎてギアやブーツなど実際に見る機会がないんですよね。ブーツは絶対試着したほうが良いので、実物を見られる機会は貴重です!

でも冬スポのスタッフの人って、ぼんやりしたことしか言わないんでよくわかんないんですよね。詳しいこと聞いてもあまり答えが返ってこないんで、話半分にしか聞いてません。詳しく聞きたい人は専門店に行ったほうがいいです。

 

2017年の近郊の冬スポの開催日時は?

冬スポのHPによると、10/22現在の情報はこんな風になってます。

f:id:chiba-snow:20171022022625j:plain

スキー場PRブースがどこが来るかって直前にならないと発表されないんですよね。

例年、同じ会場には同じスキー場が来るので予想はできるのですが、不確定です。メッセに行くかパシフィコ横浜に行くか…。

 

シーズンを迎えるのに気分を盛り上げたい人はぜひ遊びに行ってみてください。そして楽しいスノボライフを迎えましょう!