千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

千葉県からのスノボ旅行に何で行く?ゲレンデに行く移動手段についてのご紹介

皆さま、こんにちは!

いよいよ近づいてくる冬の季節!立冬も過ぎて冬が待ち遠しいです。

 

さてさて、今回はスノボに行くときの交通手段についてのお話です。

f:id:chiba-snow:20181010011429j:plain

千葉県にいても、冬場はスノボやスキーに行きたい人はたくさんいます。でも、千葉県からゲレンデに行くなら何がいいのか悩みませんか?学生時代なら値段の安さから高速バス1択だったんですが、社会人となった今はいろいろな選択肢が選べるようになりました

千葉県からゲレンデまでの移動手段の中で、何の移動手段を使いますでしょうか?

 

 

高速バス

長距離の移動手段として代表的なのが高速バス。ちょっと前のバス事故などで印象が悪くなりましたが、今でもバスを使ったスキーツアーはいろいろ存在します。

千葉県からだと千葉・船橋発着が多いイメージ。私が良く利用していたオリオンツアーなんかはこの出発地が多かったですね。

夜発日帰りで8000円~12000円くらいです。マイカーで行くのと金額はそこまで変わらないです。

 

利点としては行き帰りに寝てれば勝手に着くところ。また、冬場の道を運転しなくて済むので、あまり雪道に慣れていない人や車を持っていない人などはバスツアーが便利です。また、初心者の人を対象にしたレンタルパックなどのプランもあります。まさに学生向け!

欠点としては高速バスは疲れます。安い4列シートのバスだとマジしんどいです。また、スキー場についた後もロッカーを借りなければいけないとか、バスの出発時刻に左右されるとかあります。あまりスキー場に遅くまではいられないことが多いです。

 

千葉からのオススメ度:☆☆☆

総武線沿線の大学生の味方!まだマイボードは持たないような人はこれ。

 

自家用車

社会人となった今はこれが中心です。車を持てるようになった今はこれでしか行きません。

マイカーの最大のメリットは出発地に左右されないところ。高速バスが利用しにくい人は自家用車一択ですね。他にも仲間とわいわい一緒に行きたいとか、途中にどこにでも好きなところに寄れるなどのフットワークの軽さが売り。

また、宿泊を伴うなら自家用車が一番便利です。バスや新幹線も宿泊のツアーがありますが、スノボ用具などの荷物の積み下ろしを考えるとドアtoドア(?)の車が便利です。また、雪国って車がないと夜は全く選択肢がなくなります。寝るだけっていうならいいですが、やっぱり遠くに行く”旅行”ですからいろいろ行きたいじゃないですか!そこは車の一番のメリットですね。

 

欠点としては初期費用と維持費ですか…。自家用車を持つなら避けられない運命ですが、車の購入費と、冬装備の購入費と、燃料代、保険代…等考えると、どれだけかかるんですか!車の必要な地域に住まない限り、自家用車で行こうってことは考えないんじゃないんじゃないかなと思います。

あと千葉県はやっぱり関東の中では一番ゲレンデまで遠いですね。千葉県から行くと、3人くらいのスノボ日帰りで一人当たり7000円くらいで済みます。

 

千葉からのオススメ度:☆☆☆☆

マイボードを持つようになったらマイカー必須。たくさんスノボに行きたい人に。

 

新幹線

最近は新幹線のツアーが充実してきましたよね。主にJR東日本のイメージですが、ガーラなどスキー場直結の駅があり、首都圏からの客を取り込もうと言うところも多いです。

 

新幹線の利点は速さと乗り心地。時刻が計算できて渋滞もなくて、新幹線は乗り心地が良くて…湯沢あたりのスキー場だと新幹線で行くのもいいですよね。

最近などパックツアーも多く、新幹線代と合わせて日帰り10000円を切るようなものも多くあります。

 

逆に欠点は、新幹線が近くにないと使いにくいこと。東京駅から遠い人は不便です。千葉から東京は近いようで遠いんですよ。あの重い荷物を持って総武線、京葉線の混雑した電車の中に乗るって苦行です。また東京まで行く時間がもったいないですね。

 

東京駅まですぐに行ける人はとても良い選択肢だと思います。バスに比べれば駅の立地に縛られる分、バスに比べれば多少不便な面もありますが、快適さは段違いです。

 

千葉からのオススメ度:☆☆

新幹線のない千葉県民には向かない??新幹線近くの人はオススメ。

 

飛行機

千葉県からの交通手段で考えると、一番のメリットは飛行機じゃないかと思います。行き先はもちろん北海道!人によっては海外まで行くって人もいますかね??

 

千葉県には成田があるし、割と羽田行きのバスも出ているため使いやすいです。空港は結構な県でありますが、成田、羽田の便数の多さは魅力的

他県民にとっては、北海道行くのには空港近くに一泊する必要がありますから、朝起きてその日に空港に行ける千葉県は有利です。

 

成田からならLCCを利用できるし、便数が多いので、セールを狙えば本州のスキー場とそこまで変わらない金額で北海道のスノボ旅行に行けます。人によっては、日帰り北海道も行けるかも?

 

千葉からのオススメ度:☆☆☆☆

成田を持つ千葉県民の特権。ぜひ一度は北海道へスノボに!

 

f:id:chiba-snow:20180128180723j:plain

いかがでしたでしょうか。千葉県からスキー場は結構遠いですが、その分、行けるスキー場や移動手段の選択肢は多いです。いろいろ駆使していろいろなスキー場へ行っちゃいましょう!

成田に行きやすい人は北海道のスノボ旅行も計画してください。今年はふっこう割で特にお得に行けますよ!

 

それでは良いスノボライフを!!