千葉から雪山へ行くブログ

雪と縁がない千葉県民がゆるーくやってます

早割リフト券見てたら発見!「Blue Resort」って何ですか?

皆さんこんにちは!

台風がまた来ますね。3連休にやめてほしいですホント。

 

早割リフト券見てると「Blue Resort 共通リフト券」ってやつが新しくあるのに気が付きました。Blue Resortって初耳。なんでしょう?

f:id:chiba-snow:20180213225559j:plain

 

マックアースが手放したっぽい

マックアースが今年は福島6やるのかなーと探していた今日この頃。あれ?福島から箕輪が抜けているぞと思って調べていると、箕輪はBlue Resort共通リフト券ってやつになっていて気づきました。

 

調べてみると、Blue Resort共通リフト券というやつは「ブルーキャピタルマネジメント」っていう再生可能エネルギー関連の企業のリフト券で、スキー場運営は初めてっぽいです。

 

『スキー場が持っていた“古い施設”というイメージを脱却し、世界に発信できるオールシーズンのマウンテンリゾートへ、施設的にもコンテンツ的にも進化させます』ってプレスリリースがありました。

スキー場 4 施設(長野/福島)同時取得に関するご案内

 

 

マックアースから4スキー場を譲渡ってことで、箕輪スキー場、エコーバレースキー場、白馬さのさかスキー場、Mt.乗鞍スノーリゾートが今シーズンよりBlue Resortとして運営するっぽいですね。

 

乗鞍なんかは夏も人気の山で登山客が多いから、山岳リゾートとして魅力があるってことでしょうか?

 

にしても、エコバって変わりすぎじゃない?

エコーバレーって結構な老舗スキー場ってイメージですが、最近は2014年からマックアース→2018は経営するか怪しい状態でシーズンイン→2019にBlue Resortとして運営が安定しないですね。ちょっと不憫です。

 

エコバの立地は行きづらいし、コース構成も面白味がないので集客は難しいんでしょうか?スキー場運営はどんどん厳しくなるといわれていますが、無くなってしまったら寂しいものです。

 

 

マックアースは今年チャオ御岳も手放しましたし最近忙しいです。

近年、急拡大でかなりの数のスキー場を運営しているマックアース。経営が厳しいスキー場を取得し再生させる再生コンサルティング事業で、今の日本のスキービジネスにはなくてはならない会社だと思います。

 

おかげで共通リフト券など便利なサービスが増えまして、近年では雪マジ!19などの企画にも最初から参加していまして、本当に頭が下がる思いです。

 

 

人によってはいろいろあるかもしれませんけどねー。

 

 

f:id:chiba-snow:20171004235508j:plain

今回はなんかしんみりした話になってしまいましたが、新しい運営会社に期待しましょうって話でした!

 

ちなみにマックアースの福島の共通券は「猪苗代(中央×ミネロ)・沼尻・裏磐梯」の3スキー場共通で2600円という値段で出ていました。使えるスキー場は減っちゃいましたが、相変わらずの破格の安さです。ウインタープラスで取り扱い中だったので探してみてください。

リフト券の通販ならウィンタースポーツのポータルサイトWINTER PLUS

 

早割リフト券が出そろいましたが、まだ何買おうかなーと探している最中です。

計画している時が一番楽しいですね!今年の冬も楽しみましょう!!